お水のお仕事、嘘と罠


偏見ってないものですね!

キャバクラ嬢は偏見に合うのかなと思っていましたが、意外とみんなすんなり受け入れてくれてよかったです。キャバクラでアルバイトをすると決めたときに、親に話すかどうかかなり迷ってしまいましたが、求人に応募する前に全て打ち明けました。一度体入してみることが条件になりましたが、実際に求人に応募することは反対されませんでしたし、今でもアルバイトに反対されたことはありません。水商売というイメージもだいぶ変わっているのかもしれないので、簡単に求人に応募できるような風潮になったのでしょう。割と真面目なタイプのうちの親が了承するということは、ゆるい家庭だったら簡単にキャバクラ嬢になれるのかなと思います。親に黙って求人に応募したり、体入したりするのは後々問題になるかもしれないので、可能であれば話しておいた方が気楽なのではないかと感じます。それぞれの家庭があるので状況は異なると思いますが、私はそう考えています。特にトラブルになるようなこともないと思います。